エントリー

MIDIFlickを知らない人のために譜面の解説と本体ダウンロード

MIDIFlickというシーケンサーを知らない人は譜面を見ながら聴いてもわけがわからないと思います^^;ので、ちょっと解説すると、音階の配置アルファベットは以下です。

20110116-2.jpg

"ACEFHJLM"が「ドレミファソレシド」。"o"の1オクターブ上は"a"であり、"a"の1オクターブ上は"A"。"z"の半音上は"a"であり、"l"の半音上は"A"です。

20110116-3.jpg

「Har:数字コンマ・・・は、和音です。例えばHarmonyの値を"1"にすると、コードの音階と・その半音上の音階とが同時に演奏されます。Harmonyの値の単位は半音です。(例えば、"A"のコードに"レ"の和音を加えたい場合、Harmonyの値を"2"にします。)負の値を指定することもできます。"-1"で半音下の音階も同時に演奏されます。例えばHarmonyの値を"1,2"とすると、コードの音階と・その半音上の音階と・その1音上の音階とが同時に演奏されます。"1,0,-1"なら、コードの音階と・その半音上の音階と・その同じ音階と・その半音下の音階とが同時に演奏されます。

MIDIFlickはフリーソフトですが、現在は手に入りません。欲しい人がいましたらhttp://metaldtm.com/mailfo/index.htmlまでお問い合わせください。このソフトを使って作曲してみたい人、紛失してしまった等、必要であればメールにて配布します。

MIDIFlick打ち込み動画公開!第2弾は「真夜中の訪問者」

タイトル:「真夜中の訪問者」 作曲者:東 瑠利子 音源:MU2000

MIDIFlickで作った自作曲の公開第2弾です!
第1弾の動画作成において生じた画面と音声のずれですが、今回、キャプチャソフトの変更により全くずれなくなり、問題解決しました。また、雑音もなくなりクリアになりました。(第1弾もそのうち作成し直します^^;第1弾も修正しました。

この曲の完成盤http://metaldtm.com/index.php/page/dtm/gamemusic#gamemusic9にてお聴き頂くことができます。是非聴き比べてみてください!

ちょっとコメント

オリジナルゲームミュージックです。真夜中に無防備に寝ている門番の兵士を横目に敵地へこっそり忍び込む・・・ような場面をイメージして作りました。シンプルな曲こそセンスが問われると思います。この曲は細部まで繊細に作りこんだので是非ともシーケンス動画を見てもらいですね。個人的にこれは抜群の出来です(自画自賛!^^;)

MIDIFlick打ち込み動画公開!第1弾は「Save The Queen!」

タイトル:「Save The Queen!」 作曲者:東 瑠利子 音源:MU2000

MIDIFlickで作った自作曲の公開第1弾です!
動画の作成上、音声とシーケンス画面に若干のずれがあります。(修正済み)インサーションエフェクトをかける前の状態ですので音色の違いやリードギター等、聴こ­えないパートが御座います。ちなみにソロ→「ポロ」になるのはこのソフトの仕様です^^;

この曲の完成盤はhttp://metaldtm.com/index.php/page/dtm/symphonic#saveにてお聴き頂くことができます。是非聴き比べてみてください!

ちょっとコメント

シーケンスファイルを見られるのは非常にお恥ずかしいのですが、思い切って公開していきます。この曲は2004年に制作したもので、Gのピッチベンドがまさかの手動数値打ち!気に入っているところは、1度しか登場しないBメロ(2:44~)と、ラストのたたみかけるような疾走ですかね。勇敢な感じにしています。あとは私が滅多に使わないピアノを駆使しているところです。

祝!!Windows7でMU2000+UW500+SOL2が動きました!

20110108-3.jpg

結論から言いますと、音出ました・・・^^;読者の皆様、そしてアドバイスをくださったTikさん、大変お騒がせ致しました。やっと、やっと我が家のSOL2もWindows7で完全復活です。SOL2は起動したもののなぜか音だけが出ない(MU2000を認識してくれない)という状態に陥って、暫く塞ぎ込んでいましたが、本日全てが解決致しました。

これまでの経過をすべて記録しておきます。

・PCを買い替え、OSがWindows7になった。

・Windows7でMU2000とUW500を動かすためにYAMAHAのサイトからWindows7用のUSBMIDIドライバをダウンロードしてインストールした。

・SOL2を普通にインストールして起動したらウィンドウ操作が出来ないので使えないことを知る。調べてみた所、YAMAHA SOL2 をWindows 7(x64) で動かすという記事を発見。

・上記サイトを参考に、SOL2をインストールする際に、自動再生ではなく、ディスクの中身を表示し、SOL2本体のsetup.exeファイルを右クリック→プロパティ→互換モード→WindowsXP SP3 デスクトップコンポジションを無効にするにチェックを入れ、適用させてからインストールした。念のため、TWEとXGエディタ、ドラムプラグインも同様の方法でインストールした。
YAMAHAのサイトでSOL2のアップデータをダウンロードし、先ほどと同じ方法でインストールした。更に、SOL2の起動アイコンを右クリックし、同様の作業をして適用させてから起動した。

・SOL2を起動すると全ての動作に問題なく使えるようになっていた。万歳!!となったのも束の間、MU2000を認識しておらずMIDIだけ音が出ない状態(ヘッドフォンをささずともMU2000の視覚パラメーターが動かないので一目瞭然)に陥る。(オーディオは問題なし)

・MIDIFlick、Cherryなどの他シーケンサーで試すとちゃんと音が出た。UW500とMU2000に問題はなく、原因がSOL2側にあることがはっきりする。

・古いPCの(WindowsXP)SOL2の設定と見比べることに。

20110108-4.jpg

まずは古いPCにUW500とMU2000を繋いで音が出ることを確認。(勿論出る)そして、MIDIデバイスの入力が1、出力が2であっていることも確認。

そして更に設定を見比べてみると、設定上、1か所だけ違う部分を発見。

20110108-2.jpg

原因はこれでした・・・

20110108-1.jpg

インフィルター、アウトフィルター共にチェックが入っていました。チェックを全て外すと・・・

MU2000が動作し、音が出ました。。。本当にお騒がせ致しましたm(__)m

で、なぜこんなことになっていたかというと、新しいPCにSOL2をインストールしたら、なぜかイン、アウト共に最初から全てにチェックが入っている状態だったのです。なので気づかなかった・・・盲点でした。古いPCにSOL2をインストールしたのは8年前ですし、その時どういう状態だったのか全く覚えていないのですがこんなことで苦労した覚えがないのは確かです。なのでどうしてチェックが入っている状態でインストールされたのかが謎です。

こういう時、意外に間抜けなことが原因だったりするのですが、本当に間抜けな自分に落胆しています。でも良かったです。ほんと。安心しました。Windows7でSOL2!万歳です。肝心なXGエディタですが、こちらも問題なく使えました!

続SOL2+Windows7問題。とりあえずS-YXG50で・・・

20110106-1.jpg

Windows7でUW500+MU2000+SOL2が上手くいかないので、この問題はひとまず置いておいて(ずっと考えていると煮詰まっちゃうからね^^;)SOL2+S-YXG50で気を紛らわせています。。。それなりの・・・?音が出るだけまだいいかと。いや、この環境でXGが使えるだけ良いことだと思わないと。

以前はOSがXPで、S-YXG50をPC本体に無理やり取り込んでいました。その方法は

高品質ソフトウェア音源「S-YXG50」無料導入ガイドライン

http://tomokusaba.bne.jp/MuseWiki/index.php?S-YXG50

ですが、今回も同じようにやろうと思ったけど、どうやらWindows7でやるには無謀かも・・・。(←一応試してみた人)しかしSOL2はS-YXG50が標準搭載なので、この方法が出来なくてもSOL2さえ開けば鳴るので問題はないのですが、MIDIFlickのシーケンス画面を見て楽しみながら自分の昔の音源を聴くというマニアックな楽しみ方が出来ないのが残念(使っている人ならその楽しさがわかるよね?:笑)

Windows7でSOL2と外部音源(MU2000)が連動してくれない

非常に困っています・・・。SOL2と外部音源が全く連動してくれないので音が出ません。

Windows7非対応の他のシーケンサーで試したところ、きちんと連動するので配線ミスとかはあり得ないのですが、もしこのまま使えない場合は、 最悪の場合、Cubase5に乗り換えるしかないと思っています(T_T)私の求める音楽制作環境で最も重要なのが『XGエディタが使えること』なのですが、幸いCubaseでXG Editor for Cubase 5がリリースされており、まだ希望は閉ざされたわけではなかったので安心しました。しかし、できるならSOL2でやっていきたいのでお分かりになる方、何かアドバイスを頂けると有り難いですm(__)m 

20110102-1.jpg

これまでにやったこと・・・

Windows7MU2000UW500を動かすためにYAMAHAのサイトからWindows7用のUSBMIDIドライバをダウンロードしてインストールした。(この時点で他のシーケンサーとはリンクし、正常に起動した)
SOL2をインストールする際に、自動再生ではなく、ディスクの中身を表示し、SOL2本体のsetup.exeファイルを右クリック→プロパティ→互換モード→WindowsXP SP3 デスクトップコンポジションを無効にするにチェックを入れ、適用させてからインストールした。
・念のため、TWEXGエディタ、ドラムプラグインも同様の方法でインストールした。
YAMAHAのサイトでSOL2のアップデータをダウンロードし、先ほどと同じ方法でインストールした。

20110102-2.jpg

YAMAHA SOL2 をWindows 7(x64) で動かす

ここまで出来たのはこちらのサイトのおかげ!有り難いですm(__)m

更に、SOL2の起動アイコンを右クリックし、同様の作業をして適用させてから起動。(この作業をするまでは、SOL2を開くことはできるが、何もすることができない状態(どの機能も使えない)で、更にMIDIデバイスの設定の部分が白紙だった)

これでSOL2そのものは正常に動いたので、やったー!!と思ったのも束の間。

まさかのMU2000側の無反応^^;

20110102-4.jpg

設定→MIDI→デバイスにきちんと表示されるようになったので、これで出来ると思ったのですが、全く音が出ません。ファイルを再生しても音源本体が全く無反応。

試しにMIDIFlickでやってみると、きちんと連動し、音が出るので、問題があるとしたらSOL2の設定ミスなのか???何がおかしいのかわからず今も画面の前で悩んでおります。。。

とにかく音さえ出れば完璧なのにー!という状態です。困ったなぁ・・・。

ページ移動



ユーティリティ


CD発売中!

Eyes Of Fenrir / Victorious Holy War 【CD】

Eyes Of Fenrir/Victorious Holy War

【CD】価格:1,790円(送料別) MinstreliX、Marchen StationのヴォーカリストLeo FigaroとKnights Of RoundのギタリストYazin、作曲家にメロスピ神の作曲家である東瑠利子を迎え堂々デビュー!
発売日のレコード店まわりブログレポは⇒ コチラメタル万歳

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

メッセージフォーム

Powered by NINJA TOOLS
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ にほんブログ村 クラシックブログ 電子ピアノへ
にほんブログ村

2016年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -