サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『High Definition』 - VITALIJ KUPRIJ

1997年08月26日

CDジャケット画像
  • ジャンル:ネオクラシカルメタル(オールインストゥルメンタル)
  • 国籍:アメリカ
  • リリース:1997年8月26日
  • 通算:1stアルバム
満足度:84

クラシック音楽のピアニストとしての顔も持つ、ウクライナ出身の凄腕キーボーディスト、ヴィタリ・クープリの1stソロアルバムで、ヴォーカルは無いオールインストゥルメンタル作品となっている。作品全体でヴィタリの超絶テクニックを聴くことができ、これが爽快極まり無いが、この作品を名盤たらしめているのは、テクニック以上に、その優れた音楽性が大きいと思う。

幼少の頃からクラシック音楽を吸収したからこそ生み出される構築されたフレージングと、ソリストとしての豪快なフレージングが融合し、アルバムタイトルの通り、複雑な音楽が高解像度で描き出されているといった印象すら受ける。また、キーボードのヴィタリだけでなく、ギターで参加のグレッグ・ハウのプレイも凄まじく聴き所と言えよう。

#2「High Definition」はネオクラシカル疾走チューンで、最初の速弾きの奇抜なフレージングからは妖しさと凄みが感じられ、その後も複雑なハモリでフレージングが進み、美しいギターソロも奏でられ、これらの要素だけで悶絶だ! 続く#3「Symphony V」は特にクラシカルな響きのメロディが中心に構成されており、曲名が示すようにまるで交響曲メタルと言えよう。上記2曲が作品中特に素晴らしく感じた。

#5ではモーツァルトのピアノ協奏曲第8番をピアノで演奏し、続く#6ではパガニーニの24の奇想曲をアレンジしているのも興味深く、クラシック音楽への傾倒が伺える2曲だ。とにかく凄まじいとしか言いようのない作品で、終始度肝を抜かれっぱなしだった。インストの為、最後まで聴くには少し忍耐が必要で、似た曲調が続く為飽きがくるのが難点だが、1曲1曲をじっくり時間をかけて味わえば、アレンジ面で様々な発見があって楽しい作品だ。(雷X)

『La Llama Eterna』 - AVALANCH

1997年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:スペイン
  • リリース:1997年
  • 通算:1stアルバム


満足度:84

この作品はスパニッシュメタルの名作とされており、オレが所持しているのは後にリリースされた英語ヴァージョンで、アルバムタイトルも「Eternal Flame」となっているが、違うのは歌詞と歌唱だけなので、一般的に知られているタイトルの「La Llama Eterna」のレビューとして掲載した。

この手のB級クサメタルと言われるバンドはよく極端な部分があったりするが、このバンドは肝心の作曲力が非常に高く、正統派メタル、クサメタル、メロスピ、どこにも寄り過ぎていないという感じで、極めてバランスが取れた作品と言えるだろう。所々メロディやアレンジで一風変わったものが聴けるが、それでも楽曲に破綻は無く、構成力は抜群と言える。それはバラードである#5「Esclavo De La Ira」における美しいメロディと的を得たアレンジを聴けば明らかだ。

その代わり突き抜けたところはあまり無く、衝撃的な作品とまでは感じないのが惜しいとも言えるが、捨て曲が無い上に安定した演奏と歌唱で、聴き込む毎に素晴らしい作品であることが認識できるだろう。これがもっとメジャーな作品だったら、多くのメタラーが絶賛していた程優れた作品だと思う。

特に素晴らしいのが#7「Excalibur」で、劇メロ、コーラス、疾走、シンフォニックと、クサメタラーを熱く燃え上がらせる要素を全て備えており、その勇壮な展開とコーラスワークには思わずガッツポーズだ! また#2「El mundo Perdido」は、ギターのメロディの感覚、プログレッシブな曲展開がBLIND GUARDIANを思い起こさせたり、実に味わい深い。

そして#9「Rainbow Warrior」のサビのコーラスには感動だ! #11「La Taberna」のキャッチーなメロディにも痺れるし、#12「Avalanch」は構成力抜群で締めくくりに相応しい大作だ。そしてここに書いた以外の曲も全ていいと言える曲ばかりなのが嬉しい。(雷X)

『Battalions Of Fear』 - BLIND GUARDIAN

1988年05月17日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピード/パワーメタル
  • 国籍:ドイツ
  • リリース:1988年5月17日
  • 通算:1stアルバム
満足度:86

私はブラインドガーディアンの3rd〜7thまでを約8ヶ月かけて聴き込んできたのだが、そこで彼等の音楽を愛し、よく知った上で初めて16年前の作品であるデビューアルバム1stと2ndを買ってみた。これを聴いてみることに、彼等の原石時代を知ることに、とにかくワクワク感が最大に込み上げてきた(爆)というわけで今更だが16年前のデビューアルバムを堪能。元から聴いたことのある「マジェスティ」や「ラン・フォー・ザ・ナイト」などは名曲!!!!!!!!!で、やはりドラマティックでいい曲だ!この様に名曲はあるのだが、アルバム全体のあまりのB級臭さな出来に思わず笑ってしまう(爆)なるほど!ブラガの最初はこうだったのか!という感動もある。というか、非常に!!!イモ臭い(笑)

ハンズィ(vo)の声もとても若く、歌も決して上手くはない。今に比べるとトーメン(ds)のドラミングもとても単調だし先走っちゃって合ってないとことかあってちょっと笑える(笑)今でこそブラガの名物ともいえる重圧で美しいクワイアも見られず自分たちでコーラスをやっているという感じだ。16年前なだけって音質も最悪だが、曲自体はどれも今のブラインドガーディアンをよく聴き込んできただけあっていいもの出してる!って感じで最高です。「ザ・マーター」なんかいかにもブラガらしくて好きですね。アルバムタイトルナンバーでもある「バタリアンズ・オブ・フィア」も好きです。それにしてもこれは本当にハンズィの声なのか!?思うほど今と全然違う(笑)若くて透き通っている・・・

ここから3rd、4thと進化していき、年齢も重ね、いいオッサンとなったところでダミ声吐き捨ての今の素晴らしいヴォーカルが生まれているんだろうなと思った。「バイ・ザ・ゲイツ・オブ・モリア」はクラシックのドヴォルザークの新世界を用いているインストだったりして今のブラガがやりそうなことではないのでちょっとビックリしました(笑)後にこの新世界を用いた物凄い曲をRhapsodyが出してるしね。まぁこの曲は「マジェスティ」でとにかく「オ〜オ〜〜マジェスティ〜」と叫んだりバカみたいに疾走する「ガーディアン・オブ・ザブラインド」にニヤけたりといろいろと楽しめるアルバムです。

というか、この曲、「ガーディアン!ガーディアン!ガーディアンオブザブライ〜ンド!」って言うけど・・・・・・・・・・・・ここで今初めて気づいた!!!!これが後に3rdの「The Last Candle」のイントロで使われるということを!!!なるほどなぁ〜!!ブラインドガーディアンを知り尽くしてから聴くデビューアルバムというのはこういう発見があって本当に面白い!!!!!!!!しかし楽曲が本当に全部いいなぁ〜これが1stとは恐るべし。こんなものが16年前にあったなんて当時8歳だった私は、その16年後にブラインドガーディアンをこれでもかってほど愛し毎日聴き続けるとは思っても見なかっただろう(笑)ますますブラインドガーディアンが好きになった。

これからブラインドガーディアンを買ってみようと思っている人はこれは別に買っても買わなくてもいいと思うし、1番最初に1stから買うのだけは避けたほうがいいです。3rd〜7thまでブラガを余程気に入ってそれから買うのがベストだと思います!