サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Forbidden Lover 〜Light Velocity Edition〜

2009年12月31日

  • 作曲者:東 瑠利子
  • ギター演奏:クレイマン
  • 発表:2006/03/30
  • 時間:05:18

ギター演奏に挑戦してくれたクレイマンさんのコメント

いつも以上に、精一杯やりました。え〜、今回は、4部作の2幕ということで、なかなかのボリュームがありました。こだわったのは、ギターの音。morleyのワウペダルをつないで、真ん中ぐらいまで踏み込んでざくざく感を演出してます。(アイディアは、マイケルシェンカーがワウペダルをイコライザーとして使っているのを拝借)そして、曲半ばにある光速ソロ。本当はフルピッキングで弾きたかったのですが、インペリテリ級だったのでレガートフィンがリングになってますwww他は難なくできたかと。

あと、東瑠利子Pに「お前の音はカスだ!!」と罵られること数十回でしたが、録音100回目ぐらいにしてやっとOKを得られたのが救いでした(笑)が、その甲斐あって、素晴らしい作品に仕上がったと思います。ぜひ、ソロだけでなくリフも良く聞いてみてください^^

プロデューサー東 瑠利子のコメント

4部作品であるVampire〜The Dead At Night〜の第2幕の演奏に挑戦してもらいました。今までのギター入れはミドルテンポな楽曲が多かったので今回はクレイマンさん初の疾走曲にチャレンジということでしたが、とにかく素晴らしいです。いつもはギター演奏が入った時点で私がチェックをして一発OKか、ダメ出しをしても1度くらいだったのですが、今回は実に6回以上もの直しを要求してしまったのでクレイマンさんにはそのたびに何度もレコーディングをさせて大変だったかも^^;

しかしここは作曲者兼、プロデューサーとして厳しくいったほうが完成度も高くなると思い、ほんの些細な部分でも「ここはこうしたほうがいい、こうしてみてはどうか?」などの意見を出してこのパーフェクトな出来となったのです。作品は永遠に残るものだし満足のいくものをという精神は私の普段の曲公開でも同じです。

原曲ではイントロ部、ハープシコードだけのメインフレーズからリードギターフレーズと移行しますがあまりにも上手く弾けているので最初からリードギターをメインにとってもらいました。あとはソロ!私の作るソロフレーズは実際に弾くととても難易度の高いものでギタリスト泣かせなのですが(笑)一部速弾きの部分だけ多少の遅れは見られるものの、これは完璧に弾ききったと言い切れる最高のプレイでしょう。

『Castle Of Vampire』 〜God Edition〜

  • 作曲者:東 瑠利子
  • ギター演奏:クレイマン
  • 発表:2006/02/06
  • 時間:01:20

ギター演奏に挑戦してくれたクレイマンさんのコメント

Vampireを初めて聞いたときハイクオリティさにビビリました。なんかバナナが一皮むけたなって感じで。いつかギター入れたいなぁと思っていたのですがなかなかチャンスがなかったんですよね。そんなある日ふとドトールでカフェラテ飲みながら優雅にるりぴょんの曲等を聴きながら読書をしていたのですがふとvampireが耳に入ってきてキタ━(゜∀゜)━!!とお告げがくだりギターを入れることに。所要時間は一日。だって短いし。長いと疲れちゃうので。ノーマルチューニングですがヘヴィな仕上がりになったと思います。全米を震撼させるのも近いかもしれません(笑)リフと音質が命。

プロデューサー東 瑠利子のコメント

Vampire〜The Dead At Night〜という2005年の最後にリリースした4部作品の第1幕を演奏してもらいました。物凄くヘヴィなバッキングとねちっこくかっこいいリードでまさにLIVE感と臨場感がすごいです。原曲とはリズムギターのフレーズまわしが少し変化しているところもいい味が出ていると思いました。この曲はインストゥルメンタルで短いけど私のドラムも拡張ドラムプラグインにより生に近い再現が出来るのでこれはもう完全にLIVEです。

『Vampire-The Dead At Night』

2008年12月31日

ジャケット画像

夜の世界でしか生きられない吸血鬼と、人間の少女の禁断の恋物語4部作品

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2005/11/26
  • 時間:16:24

「第1幕 - Castle Of Vampire」 Download(01:17)

舞台は中世ヨーロッパ。闇に包まれ豪雨と雷が鳴り響く夜。街に遊びに来ていた1人の少女は家族とはぐれてしまい路頭に彷徨っていたところ、目の前に不気味に佇む古い洋館を見つける。雨宿りくらいなら・・・そう思った少女は大きな扉を開けた。しかしそこは夜の闇の世界でしか生きられない主の館・・・少女はいつの間にか吸血鬼の城へ迷い込んでしまったのだった。

「第2幕 - Forbidden Lover」 Download(05:20)

城の主である吸血鬼は城内に迷い込んだ少女を玉座から見下ろした。「こんなに美しい少女は見たことがない・・・汚れのない純正の人間の血」吸血鬼は処女の生き血を奪うために少女に近づくが次第に彼女の無垢な優しさにひかれ恋に落ちてしまう。城の中を無邪気に駆け回る彼女は時折大人っぽい仕草も見せ、それが吸血鬼の心を癒していった。

「第3幕 - Party Of Ghost」 Download(3:45)

城を守るゴースト達が少女と吸血鬼のために食事会を開いてくれた。目の前に広がる贅沢な食事と幽霊達の華麗なダンスが2人の仲をより一層親密にさせていくのだった。食事が終わると吸血鬼は少女に真っ赤なルビーのネックレスをプレゼントした。少女ははにかみながらそれを受け取り首に飾った。

「第4幕 - The Kiss Of Death」 Download(6:00)

ある夜、吸血鬼は少女に本当のことを打ち明けた。自分は処女の生き血が目的でお前に近づいたのだと・・・! 少女は深く傷付き、その場に倒れ込み気を失った。男は夜中葛藤に悩まされた。少女の生き血を吸うか否か・・・しかし吸血鬼の本来の衝動はとめられなかった。少女の首筋にキバを向く・・・! その瞬間、少女の目から一粒の涙が流れた・・・ 吸血鬼はその涙により心が浄化されていく・・・・・・自分が少女を愛したことは嘘偽りのない本心だと確信するかのように。しかし人間の少女との恋など許されるはずもなく魔界の王から吸血鬼へ厳しい処分の儀式がなされ、直ちに少女は人間界へ還されることになった・・・ 目が覚めると少女はだだっ広い野原に横たわっており、さっきまであったはずの城がどこにも見当たらない。遠くには家族とはぐれた街が見えた。夢だったのか? 彼女はふと自分の胸に手を当てた。そこには確かにルビーのネックレスが眩いばかりに輝いている。吸血鬼の愛は本物だった。そう強く感じそれを力いっぱい握り締めた・・・。そしてこのネックレスには吸血鬼の愛が宿り、自分を守ってくれると信じて生涯大切にすることを心に誓った。。