サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『The Bravior』 - EYES OF FENRIR

2009年12月31日

  • 作曲者:東 瑠利子&雷X
  • ヴォーカル/ギター/キーボード演奏:Leo Figaro
  • ギター演奏:YAZIN(Knights of Round)
  • 発表:2009/02/14
  • 時間:05:20

日本人ヴォーカリストLeo Figaro(リオウ・フィガロ)と日本人ギタリストYazinとのプロジェクト「EYES OF FENRIR」の曲。この曲のアレンジ違いや、当サイトのオリジナル曲のEYES OF FENRIRヴァージョンがアルバム「Victorious Holy War」に収録されていますが、現在中古でしか入手できないようです。


作詞:Leo Figaro(英語)

When I saw a shooting star.
I remembered the old story.
It is handed down for several hundred years.

In the days of the corrupted Middle Ages.
The people were not able to resist forcible exploitation.

Many people suffered from starvation.
A courageous one was murdered mercilessly.
The Tyranny went on.
The tyrant dominated the world.

A useless fight caused a new fight.
There were the people who were not allowed to have a dream.
Their only hope was a savior.

Bravior challenged a fight.
A total eclipse of the sun.
The area was surrounded in darkness.

※1
Time seems to have stopped.
Stillness surrounded there.
Many shooting stars invite a victory…. oh.
It invites the delight...
It’s a great joy

(chorus)
It rains from the sky of the glory.
And a rainbow will appear.
Days of new hope will come over here.
It comes over from the other side of the rainbow

Sing this song.
The song of the victory.

---G-Solo---

For a long time, the blood of the brave man has been inherited.
Oh… After time of several hundred years.
He is a savior.
Hurry, and take the weapon.
The day of hope is coming over.

---Bridge-Key-Solo---

※1

(chorus)
It rains from the sky of the glory.
And a rainbow will appear.
Days of new hope will come over here.
It comes over from the other side of the rainbow
Sing this song.
The song of the victory.
Oh… Raise a voice.
A voice of the delight.
You’re the one we’ve been waiting for

――――――――――――――――――――――――――――
(日本語訳)

流れ星をみて
古い物語を思い出した。
何百年も言い伝えられている物語。

退廃した中世の時代
人々は強引な搾取に反抗することも出来なかった
多くの人々が飢えに苦しみ
勇気ある者が無残に殺された
圧政が続き
暴君が世界を支配した

無駄な戦いが新たな戦いを招き、
夢を見ることも許されない人たちにとって、
唯一の希望は救世主の存在

彼は戦いに挑んだ
皆既日食で回りは闇に包まれた。
時間が止まったように静まり返り、
多くの流れ星が勝利をいざなう。
人々の歓喜をいざなう。
大きな喜び

勝利の雨が降ってくる
そして虹がかかる
希望の日々がやってくる
その虹の向こう側から…
歌を歌おう
勝利の歌を

長い間受け継がれてきた勇者の血
何百年もの時を越えて
彼は救世主
急げ!武器を取れ!

希望の日がやってくる

彼は戦いに挑んだ
皆既日食で回りは闇に包まれた。
時間が止まったように静まり返り、
多くの流れ星が勝利をいざなう。
人々の歓喜をいざなう。
大きな喜び

勝利の雨が降ってくる
そして虹がかかる
希望の日々がやってくる
その虹の向こう側から…
歌を歌おう
勝利の歌を
声を上げろ。
歓喜の声を。
私たちが待ち続けていた救世主。

その虹の向こう側から希望の日がやってくる
歌を歌おう
勝利の歌を

『The Miracle Of Heaven』 〜Aggressive Edition〜

  • 作曲者:東 瑠利子
  • ギター演奏:レジスタンス
  • 発表:2005/08/13
  • 時間:6:40

ギター演奏に挑戦してくれたレジスタンスさんのコメント

「The Miracle Of Heaven」は最高のメタル曲です!俺レジスタンスがこのMetalGuardianを知り、初めて聴いた曲がこの曲でした! 正直自分は生楽器派で、打ち込みには否定的な人間でした。しかしそんな固定観念は瑠利子さんが作る楽曲達に見事にぶち壊してもらいました!そ の中でもこの「The Miracle Of Heaven」は飛び抜けて自分にフィットする曲でした! 一聴するとメロディアスな聴き易いメタル曲ですが、ギターだけを取り出して聴いてみるとデスメタルも真っ青なほどなスピードとアグレッションそしてラウドでへヴィーなギターワークを聴く事が出来ます! 俺が弾く生ギターでそれを少しでも感じて頂ければ幸いです!

ギター演奏で苦労したところはやはりギターソロの超絶速弾きです。ただでさえ難しいのに瑠利子さんがピアノ出身の音階を使った音使いな為、ゴリゴリ武骨ギター弾きの俺が弾くにはかなりの練習が必要でした。でもこのコラボのおかげで自分のギタリストとしてのレベルもまた一段階上がれたかなと思います!特に聴いて欲しいプレイとしては、生ギターならではのゴツゴツガンガンの迫力サウンドです! ソロではかなりノイジーな感じになってしまっていますが、それもまた俺の個性ということでお許しください(汗)最後にもう一度言います「The Miracle Of Heaven」は最高な悶絶鋼鉄曲です! 皆さんも是非何度でも聴き込みまくってください! 飽きるどころかドンドン好きになる名曲です!

プロデューサー東 瑠利子のコメント

今回はレジスタンスさんに初のギター入れに挑戦してもらいました。リードとリズムギター両方です。この曲は私の曲の中でも特に難易度が高く、更に6:40という長さなのでこれを完璧に弾ききったレジスタンスさんの腕は確かです。更に彼は分割録音ではなく丸ごと一発で弾ききる驚異の耐久レコーディングをする、ものすごい熱いギタリストですし、これこそが本来のLIVEそのものなのではないでしょうか。私の曲はドラゴンフォース並みに速いメロディックスピードメタルが多いのでこのリズムギターをパーフェクトに弾ききったというところがもう神ですね。実際に彼に会った時にこの曲を目の前で弾いてもらった時はさすがに鳥肌と感動で震えました・・・!

あと、リードギターも猛獣のごとく吠えるという表現がまさにぴったりなのではないかと思うくらいの迫力で、作曲者の私からすればこんなの絶対に弾けるはずもないとわかった上で作った超高速フレーズまで無理やり弾ききってしまっています。これこそが熱きメタルギタリストの魂を感じますね。中盤の静寂な展開に入る感情的なギターも彼の魂そのものを感じる感動的なものとなっています。皆さんも実際に挑戦してみればわかると思いますがよく私の曲を聴いて真似して弾いてみたけど難しいし速くて全く無理だったという人が多い中、ここまで完璧にプレイしてしまうというレジスタンスさんはまさに凄腕メタルギタリストです。

『Night Of Shining Aurora』

2008年12月31日

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2006/10/05
  • 時間:04:09

その昔、人間の狩猟により両親や仲間を全て失ったオオカミの子がいた。それから何年か月日が経ち、そのオオカミの子は立派な一人前の王者となりいつも家族や群れを何よりも大切にする心を強く抱いて生きていた。今日もまだ幼い我が子のために獲物を探し猛吹雪の氷原を駆け抜ける!夜空には眩いばかりに光り輝くオーロラがゆらゆらと揺らめいていた・・・。
(*「Wolf In The Ice Field」という曲のその後を描いた作品です。フレーズに共通点があるので是非両方続けて聴いてみて下さい)

『Battle Against The Evil』

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2005/08/06
  • 時間:05:05

―――最強の装備を身にまとい邪悪との最終決戦に挑む勇者達!共に旅をし、戦闘を重ねてきた強い絆が今この地で試される。邪悪なる力を葬るために今こそ力を合わせて闘うのだ!・・・・・・巨大な魔物の凍てつく波動が容赦なく襲いかかる・・・!!!賢者はバリアを張り仲間を守り、戦士は自らの命を剣に託す。魔法使いが呪文を唱えるとたちまち勇者の剣に力が宿る。エルフは傷を負った仲間を助け、召喚士は強力な幻獣を呼び起こし大地を震え上がらせる!・・・

激動の戦いを繰り広げる中、突然の落雷と共に暗黒の雨が降り出した。魔物がもはや原型を留めぬ不吉な姿となり最終形態へと変化していく・・・!!しかし勇者は怯むことなく作戦変更の合図を仲間達に送った。仲間も大きく頷き、 これまでの攻撃に加えてより強力な魔法や攻撃を仕掛けていく!勇者よ!仲間と共に命を懸けて闘うのだ!!!

『The Miracle Of Heaven』

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2005/02/10
  • 時間:06:40

―――あるところに不慮の事故により生死を彷徨う1人の男がいた。ふと気付くと彼は雲の上の様な所に立っていた。そこは天の世界…。太陽もないのに草花が美しく咲き乱れ心地の良い空気が流れている。しかし虚無な空間に対しあまりにも穏やかな風景が不気味に思える程だ。男はやがて死者の門と呼ばれる生死をわける扉の前に辿り着き考えた。「もしも現世へ戻ってもまたあのつまらない日常が繰り返されるだけだ」そう思い、天国への階段をのぼろうとしたその時だった!彼の頭の中に家族や友人が大声をあげ泣き叫び悲しむ姿が映し出されたのだ・・・!

自分なんか誰からも必要とされていないと思っていた男はその時初めてまだ生きたい!と心から思ったのだった。現世へ戻るためには過酷な試練が待ち受けていた。しかし彼は自分との壮絶な闘いに負けることなく生きる執念を燃やし続け、やがてその魂は彼の肉体に戻り、ついに男は息を吹き返したのだ!目覚めるとそこには家族や友人の暖かな笑顔があった…。

『Victorious Holy War』

2004年12月31日

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2004/12/16
  • 時間:05:44

全てを滅ぼそうとする邪悪な神との戦いで、一瞬にして血塗られた大地へと化した無残な光景を目の前に、もはや戦いを続ける者もなく大陸は敗北という名の静寂に包まれていたように見えた・・・。

しかしこの戦いはまだ終わりではなかった!今、1人の勇者が立ち上がり静かに目を閉じて呪文を唱え剣を構える。その姿は自信に満ち溢れており光り輝くオーラをまとっている!今こそ最後の力を振り絞り、悪に立ち向かう時!正義を信じれば必ずそこに勝利はあるのだから!

『Wolf In The Ice Field』

  • 作曲者:東 瑠利子
  • 発表:2004/11/03
  • 時間:05:06

長く厳しいといわれる北欧の冬の大氷原に人間による狩猟で両親や仲間を失った一匹のオオカミの子供がいた。奪われた家族や仲間との絆、そして自分だけ取り残された現実・・・。少しでも立ち止まればたちまち人間の手によって殺されてしまう危機!オオカミの子は悲しみを乗り越えて猛吹雪の中を懸命に駆け抜ける!