サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『El Sello de los Tiempos』 - WARCRY

2002年12月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:スペイン
  • リリース:2002年12月1日
  • 通算:2ndアルバム
満足度:86

クッサクサなメロディをスパニッシュで熱く歌い上げ、またギターの激情メロディが涙を誘うスパニッシュ・メロディックパワーメタルの決定版と言えるバンドだ。音楽性は正統派メロパワで、サウンド、演奏、ヴォーカル共に、B級バンドとしてはけっこうレベルが高く、聴き手の興奮を高める熱いサウンドを作り出している。

時折入るツインリードギターは究極的なメロディアスさと言えよう。また、ヴォーカルの声質は少しダミ声気味のところもあり、それがまた熱さを感じさせる要因となっている。ただ、メロディの質はというと、Eagle Fly Freeのような突き抜けるような爽快感ではなく、少し陰のある叙情メロディといったものになっており、爽快感、爆裂感を求める人には少し物足りないかもしれない。

最高なのはやはり疾走曲の#2「Alejandro」で、チェンバロが入る期待感を持たせる展開〜ツインリードで既に名曲の予感がし、Bメロ〜サビメロの流麗で熱い展開に悶絶する。そしてAメロが変化したメロディからソロ、サビ、ソロ、イントロ+コーラス、サビへと続く展開が飽きさせない。また#7「Un Lugar」も疾走とフックのある展開が気持ちよく、サビメロも盛り上がっているし気に入った。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178030561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック