サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Silence』 - SONATA ARCTICA

2001年06月21日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピードメタル/メロディックメタル
  • 国籍:フィンランド
  • リリース:2001年6月21日
  • 通算:2ndアルバム
満足度:92

1枚目からメンバーが結構変わっているんですがこちらSONATA ARCTICA のセカンドアルバムです! 2枚目のこのアルバムはエクリプティカ同様捨て曲一切なし! 1曲目の「オヴ・サイレンス」のまるで映画の始まりかのような感じがそのまま2曲目「ウェブ・アレジー」につながるので吸い込まれるというか確実にSONATA ARCTICA の世界に連れて行かれるという感じです。そして「ウェブ・アレジー」ですがキャッチーでスピード万点でメロディも最高でかなり良い!!!!

そして3曲目「フォールス・ニューズ・トラヴェル・ファスト」ですがこの曲もかなり私好みです。こちらは神秘的疾走といった感じでしょうか。そして4曲目「ジ・エンド・オヴ・ディス・チャプター」これはバラードですが私はホントにホントにこれが好きです。歌詞が微妙に怖いんですが(え?っていうかストーカー??みたいな)なんかすっげぇ好きなんですよね。5曲目「ブラック・シープ」は微妙に3拍子?!で驚きな曲ですがメロディアスに疾走します。さて8曲目「サン・セバスチャン」はすっごい好きです!!!もうSONATA ARCTICA のシンボルみたいな感じにも思えます。バラードが多いこの曲ですが11曲目の「タルラー」が物凄くいいんですよ・・・・・。ピアノがめちゃくちゃきれいですしメロもいい。

そして12曲目の「ウルフ・アンド・レイヴン」がこのアルバムの中で1番疾走していて激しい曲だと思います。これも気持ちが良いほど疾走感タップリでいいですよ! しかし疾走チューンを激しく好む人には1stのほうがいいかもしれません。ファーストと同じく疾走しまくりなナンバーが多いと思ったらそれは間違いですので(笑)はっきり言って私には選べませんが(笑)どっちのアルバムも最高です! 私にとっては個人的に好みなバラードが多いので疾走スピード感とメタルバラードを両方楽しめるアルバムなので私は大好きですね。演奏もより様式美に・・・!ソナタ・アークティカ最高だ・・・マジで。何度聴いても飽きないんですよホント。

タグ:SONATA ARCTICA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177951845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック