サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『A Time Nevercome』 - SECRET SPHERE

2001年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピードメタル/シンフォニックメタル
  • 国籍:イタリア
  • リリース:2001年
  • 通算:2ndアルバム
満足度:90

美しいジャケットのイメージからも想像できる、煌びやかで、どこか神秘的な感じもするサウンドのシンフォニックでプログレッシブなスピードメタルを演奏している。RHAPSODYのような大仰な感じよりも、SONATA ARCTICAがよりクラシカルに、よりシンフォニックになった感じとと言える。

疾走曲は全て名曲と感じた。ただ疾走しているだけではなく時折プログレッシブな展開も織り交ぜ、その挿入がまた絶妙なのだ。更に疾走パートの悶絶度は究極的! その他の曲も美しい叙情メロディが絶品でムード満点、じっくり聴いて楽しめる。単純に疾走しているだけの曲に飽きてきた人にこそお薦めの作品と言えよう。

ベストチューンはやはり「Legend」で、これは神のメロスピと認定したい程の名曲だ。透明感溢れるピアノのイントロから一瞬で曲の世界に引き込まれ、フックのあるアレンジのAメロ、サビメロへのつなぎとして盛り上がりを創出するBメロ、そして究極的なサビメロ、最後のサビメロ前のストリングスのかけあがりフレーズ〜エンディングまでは興奮しすぎる!

演奏面では、ギターソロも素晴らしいが、特に複雑なフィルを随所で入れるドラミングは聴き所だ。「Legend」におけるプレイは私にとって最高のドラミングのひとつで、他のメロディックスピードメタルでは聴けない味のあるプレイを聴かせてくれる。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177833616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック