サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Skarremar』 - SALAMANDRA

2000年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックスピードメタル
  • 国籍:チェコ
  • リリース:2000年
  • 通算:2ndアルバム

満足度:98

チェコのシンフォニックスピードメタルバンドSalamandraの2ndアルバム。チェコのRhapsody Of Fireと名乗るに相応しく、もう超絶ツボ壮大なオーケストレーションにパワー、スピードを兼ね備えたまさに自分好みのバンド。全曲クッサクサのクサクサスピードメタルです。

1曲目「The Time: Go Back Through Ages」は壮大大なストーリーの幕開けというに相応しいインスト。ドラムロールにストリングス、クワイア、語り、鐘、ブラスがどんどん重なって最後鳴きのギターが入ってきます。なんかもうこの時点で泣きそうなんですけど(爆)2曲目「The Legend: Reign Of The Wicked 」疾走パワーチューン。AメロがRhapsodyの「Power Of The Dragonflame」に似ていてサビが「Eternal Glory」に近い感じといえばどれだけかっこいいかがわかってもらえるかと思います。しかしすごいことにこれらは全くもって彼らがパクってるわけではなく、Rhapsodyの5thよりもSalamandraの2ndのほうが先にリリースされています(笑)

3曲目The Silence: Comes Before A Storm2曲目のサビメロを美しいピアノとフルートで奏でているインスト。4曲目「The Today: All Hope Abandon ... 」2分半と短いのであっという間に終わりますが、ヘヴィでアグレッシヴな疾走爆裂チューン。最初から最後まで表打ちと裏打ち疾走の繰り返しで爆走してます。5曲目「The Lover: A Kiss Goodbye 」美しすぎる3拍子の民謡調バラード。泣けます。曲の雰囲気だけでいえばBlindGuardianの「A Past And Future Secret」に近い感じ。しかもブラガ並みに良い。ヤベーSalamandra最高(涙)メジャーなバンドでもこんなに良い曲はなかなかないのであなどってはいけない。これは埋もれた名曲といえるかもしれない。しかも最後のフルート責め&美ヴァイオリンで完全に涙がこぼれます。

6曲目「The King: Skarremar's Pride」ヘヴィな激烈疾走パワーチューン!パンパカパーンパーンのブラスが耳に残ってガッツポーズ!中盤から後半にかけてめっちゃ盛り上がるのでテンションマックス!Salamandra最高すぎる!!!!!!!!!!!7曲目「The Army: Dead End Battles」3拍子ミドルテンポパワーメタル!BlindGuardianの「Nightfall」にかなりの勢いで近いです。素晴らしいメロディワークに民謡調ヘヴィメタル。中間のフルートソロが最高すぎ。8曲目「The Singer: Remember The Legend」チャーチオルガンメインで女性ヴォーカルが超美声で歌い上げるバラードです。サビのVoのメロとオルガンのメロディの絶妙な重なりあいとクワイアがあまりに見事なので一気にやられました。鳥肌ものです。

9曲目「The Traitor: Roads To Hell」マノウォーでも聴いてるのかと勘違いしそうになる雰囲気を持つヘヴィなパワーメタル。中間部のブラス展開が激クサい。超変な今まで聴いたこともないような音のKeyソロも登場。なんだこれ。ロータリーオルガンとチャーチオルガンをミックスさせてかすれたような(爆)そんでもってギターソロが超クサくて最高。10曲目「The Coward: Hail The King」このアルバムはいろんな音色が楽しめて超斬新です。これはバグパイプのソロから始まるヘヴィ疾走チューン!曲の本編に入るとバグパイプ全く無視の王道メロスピです(笑)掛け声コーラス+Voが交互に合いの手のように繰り返されるのでかなり盛り上がる曲ですね。11曲目「The Dead: Cantata Oscura (Silent Memory II) 」民謡調メロディのヘヴィチューン。メロディが最高です。すごくアグレッシヴなのに哀愁美民謡調メロにやられました。

12曲目「The Coming: Mindnight Creatures」チェンバロとピチカートとストリングスとピッコロとフルートの民族調インスト。このアルバム、インストも最高すぎなんですよね。13曲目「The Revenge: Legends Come True」超ガッツポーズ間違いなしの激クサシンフォニックスピードメタル!!アルバム内でもかなりのキラーチューンですね。思わずキタァアアア!!!!と叫んでしまいたくなります。涙出ました。とにかくブラスとサビメロがクサすぎてヤバイですよ(笑)しかもキャッチー!そして中間部にピチカートとクラリネットの展開から鳴きのギターソロでガツンとやられました。でも終わり方がNHKの教育テレビみたいでダサすぎて大笑い・・・・・・・・・・(爆)

14曲目「The End: Freedom's Won Back」これもくせぇえええ!!!!(涙)クサクサメロディックメタル!ギターがクサすぎてヴォーカルもクサすぎて全てがクサい。そしてサビはGamma Rayの「Land Of The Free」みたいな感じ(笑)コンセプトの最後をしめくくるのであればもっと壮大なシンフォニックメタルでもいいのではないかと思ったけどこんな風にスッキリ終わるのもまた良し。いや〜アルバム1枚まるごとこんなに楽しめるなんて最高です。捨て曲は一切ありませんでした。「B級」なんて言葉で片付けたら勿体無い最高のアルバムです。いまやマニアックな場所にしか売ってないかもしれませんが、聴く価値はじゅうぶんにあるので是非!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177831428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック