サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Rain Of A Thousand Flames』 - RHAPSODY

2001年11月13日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックパワーメタル
  • 国籍:イタリア
  • リリース:2001年11月13日
  • 通算:4thアルバムのプロローグ
満足度:92

このアルバムは次作「Power Of The Dragonflame」のプロローグといういうことで、4thアルバムとはされないことが多いという変わった位置づけの作品だ。しかし内容はフルアルバムに近い充実度を誇っている。

1曲目はバンド史上最速のテンポを誇る激速疾走曲で興奮させるが、その後はシンフォニックでダークな楽曲が続く。ドヴォルザーク「新世界より」のフレーズを導入した最後の大作「The Wizard's Last Rhymes」がよく話題にのぼるが、「Queen Of The Dark Horizons」も実は聴き込む程に素晴らしい楽曲と感じられる。

RHAPSODYファンならば大満足間違いなしの作品だが、プロローグということで、今までのフルアルバムに匹敵するとはいえないが、それは位置づけからして当然のことで、本来出す予定ではなかったというこのアルバムが聴けるということだけで嬉しく思えるところだ。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177827855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック