サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Legendary Tales』 - RHAPSODY

1997年10月27日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックパワーメタル
  • 国籍:イタリア
  • リリース:1997年10月27日
  • 通算:1stアルバム
満足度:100

シンフォニックパワーメタルの先駆者とも言えるバンドのデビュー盤で、それまでもクラシック音楽を取り入れたHR/HMはたくさんあったが、更にその路線を推し進め、映画音楽のような大仰な要素まで取り入れた作品だ。

初めてこのアルバムの「Rage Of Winter」を聴いた時「こんな凄い音楽があるとは!」と深い感銘を受けたものだった。それはラジオで聴いたのだったが、こんなにもRPGの音楽を思い出させるメタルがあるとは!と感じた。

その後、アルバムを購入、そのシンフォニックでクラシカル、大仰なコーラスにパワフルなサウンドにすっかり惚れ込んでしまい、自分の中でX JAPANに匹敵するバンドとなった。

ヴォーカリストのファビオ・リオーネの素晴らしい歌唱による歌メロパートも凄いが、この作品は間奏が凄すぎる。特に「Warrior Of Ice」「Rage Of Winter」のそれは完璧と言えよう。あまりにも美しいクラシカルなパートは、新時代のルネッサンス音楽と言っても過言ではなく、その芸術性は多くの著名な作曲家の音楽と比較しても勝るとも劣らないもので、メインソングライターのルカ・トゥリッリの底知れぬ才能、主にクラシカルなパートの作編曲を担当していると思われるアレックス・スタロポリの作曲能力の高さを感じさせる。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177827760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック