サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Neverworld』 - POWER QUEST

2003年10月22日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピードメタル
  • 国籍:イギリス
  • リリース:2003年10月22日
  • 通算:2ndアルバム
満足度:81

イギリス出身のメロディックスピードメタルを演奏するバンドということで、DRAGONFORCEとよく比較されるバンドだが、そのメロディはDRAGONFORCE以上の爽快さと美しさを備えていると感じる。サウンド的には、パワーメタルというよりハードロックに近いものがあり、メロディの質感やコーラスワークを聴いていると、これもメロディアスハードロック寄りのものと聴こえる。

よってコテコテの激烈なメタルを期待すると物足りないかもしれない。しかしつぼにはまるとこの爽快でどこか哀しげなメロディに万歳!となるであろう。特に#1「Neverworld」は、メロディは勿論曲構成も限りなくドラマティックで、9分という長さを感じさせない名曲となっている。続く#2「Temple Of Fire」も最高で、ポップでキャッチーなメロディが感動的で、構築されたソロも素晴らしい。

#3はメロディックハードロックそのものだが、じっくり聴くとその爽やかなメロディに心洗われる気分だ。そして#4「Sacred Land」は疾走ビートに絡みつくようなメロディラインが気持ちよく、更にサビメロでは劇的に盛り上がるという展開に悶涙だ! #5は哀愁メロディのバラードで、彼らのメロディセンスの高さよく分かる曲だ。

しかし、後半もずっと同じような雰囲気の曲が並ぶので、通して聴くと最初の4曲は盛り上がっても、徐々に飽きてくるということがあるのが少し残念なところだ。(雷X)

【音楽レビュー/紹介 HR/HM 満足度81-83の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177820821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック