サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『...And The Runes Begin To Pray】 - PANDAEMONIUM

1998年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックスピードメタル
  • 国籍:イタリア
  • リリース:1998年
  • 通算:1stアルバム


満足度:70

究極のB級クサクサシンフォニックスピードメタルを演奏するバンドだ。どこかで聴いたことのあるような妖精っぽいメロディのイントロから激烈に疾走し劇的に展開するファンタスティック・シンフォニックスピードメタルが展開される#1「The Alchemist」は、クサメタラー悶涙必至の楽曲ではあるが、それもこの叫気のハイトーンヴォーカルを許容できればの話だ。オペラを意識しているようなハイトーンだがあまりにもヘロヘロで普通のメタラーにとっては楽曲ぶち壊しもいいところだろう。

だが、オレのようなクサメタルマニアにとっては、こういうあまりにもクセの強いヴォーカルすら楽しいと思えてしまうのだ。決してこれを認めてはならないものの、しかしこの究極的なクサさの楽曲とこのヴォーカルがまた味わい深いとさえ感じられるのだ。惜しむらくは、楽曲的に突き抜けた素晴らしさを持っているのが#1だけで終わってしまったこと。他の曲も、ファンタジーテイスト溢れていたり、劇的に疾走していたりはするものの、何かパッとしないものが多く少し残念だ。

最後の曲は#1のピアノヴァージョンで、楽曲の良さをヴォーカルにぶち壊されずに純粋に堪能することができるかもしれない(笑) あとこのバンド、2005年に2ndアルバムをリリースしたが、ヴォーカルだけは進歩していなかったらしい(笑)(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177820778
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック