サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

MIDIFlickを知らない人のために譜面の解説と本体ダウンロード

2011年01月16日

MIDIFlickというシーケンサーを知らない人は譜面を見ながら聴いてもわけがわからないと思います^^;ので、ちょっと解説すると、音階の配置アルファベットは以下です。

20110116-2.jpg

"ACEFHJLM"が「ドレミファソレシド」。"o"の1オクターブ上は"a"であり、"a"の1オクターブ上は"A"。"z"の半音上は"a"であり、"l"の半音上は"A"です。

20110116-3.jpg

「Har:数字コンマ・・・は、和音です。例えばHarmonyの値を"1"にすると、コードの音階と・その半音上の音階とが同時に演奏されます。Harmonyの値の単位は半音です。(例えば、"A"のコードに"レ"の和音を加えたい場合、Harmonyの値を"2"にします。)負の値を指定することもできます。"-1"で半音下の音階も同時に演奏されます。例えばHarmonyの値を"1,2"とすると、コードの音階と・その半音上の音階と・その1音上の音階とが同時に演奏されます。"1,0,-1"なら、コードの音階と・その半音上の音階と・その同じ音階と・その半音下の音階とが同時に演奏されます。

MIDIFlickはフリーソフトですが、現在は手に入りません。欲しい人がいましたらコメント欄にお問い合わせください。このソフトを使って作曲してみたい人、紛失してしまった等、必要であればメールにて配布します。

posted by 管理人 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | DTM関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177796241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック