サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Goddess of Revenge』 - NEMESIS

2003年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニック/プログレッシブ/スピードメタル
  • 国籍:チェコ
  • リリース:2003年
  • 通算:1stアルバム
満足度:96

このバンドは分類するとB級クサメタルということになるだろうが、その確かな作曲力は他のB級バンドとは一線を画すものと思わせる。実に印象的で、爽快感やファンタスティックな空気を生み出すヴォーカルメロディ、流麗なメロディと展開を盛り上げる調味料の役割を完璧に果たしている絶妙なアレンジ、クラシカルで華麗な印象を与えるギターフレーズとピアノ・チェンバロの使用等、オレがシンフォニックスピードメタルに求める要素が殆ど詰まっている。

足りないものといえば、最初聴いた時物足りないと思ったパワーとアグレッションぐらいのものだろうか。しかし、聴き込むにつれ、あまりの音楽的充実度にそんな欠点は感じなくなっていった。とにかく楽曲が圧倒的に優れていて何度聴いても飽きない。その作曲力そのものが至高のオリジナリティとも言える今作には、オレはFAIRYLAND1stDARK MOOR2ndに次ぐ衝撃を受けた。

特に優れているなと感じたメロディとアレンジを記しておこう。2曲目「Servant Of Will」のAメロ前半から後半のつながりで、ギターのフレーズが間に入って雰囲気変わってバックではストリングスが伸びやかに流れる、そしてサビメロではやはりストリングスが流れていて、更に前半後半との間にバックヴォーカルが入り後半へ滑らかにつながっていくところが素晴らしい。間奏でサビメロがシンフォニックアレンジも涙を誘う。5曲目「Host From Kingdom Of Lion」、Aメロのアレンジ、サビメロの爽快さが最高だ。9曲目の疾走メロスピ度も最高!(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177424955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック