サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Lost Horizons』 - LUCA TURILLI's Dreamquest

2006年06月09日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックメタル
  • 国籍:イタリア
  • リリース:2006年6月9日
  • 通算:1stアルバム
満足度:76

RHAPSODYを率いるルカ・トゥリッリの、ソロ3作とはまた別のプロジェクト第1弾ということで、ルカの作曲した過去の作品とは一味違う感覚の作品だ。また、演奏面でもルカはギターではなくキーボードを演奏している。

その音楽性は、デジタリックな要素も含んだサウンドに女性ヴォーカルというもので、疾走曲は1曲も無い。曲調も、シンフォニックで大仰なパワーメタルから血沸き肉踊るということは無く、終始ダークで妖しげな雰囲気を放ち、シンフォニックメタルというより、ゴシックメタルに近いものすら感じられる仕上がりとなっている。ややオペラ寄りの女性ヴォーカルもその感を強くさせているだろう。ただその中でも、ルカがアレンジしたんだな、と思わせられるアレンジワークは随所に感じられる。

仮にこれがルカ・トゥリッリのプロジェクトではないのだとしたら、もっと満足感を得られただろう。しかし、私がルカが創造する音楽に求めるのはこれではなかった。映画音楽風、民謡調、シンフォニック、そして劇メロとスピード! こういった要素が排除されたのが少し寂しい作品と感じられ、これを聴いていると、もっと熱い音楽を求めている自分に気付くのだ。

しかしその中でも素晴らしい曲はあり、特に#3「Dreamquest」は、彼のソロ2nd「Prophet Of The Last Ecripse」に収録されている曲のように感じられ、特にサビメロの美しさと、そのバックで鳴るオーケストレーションの壮大さにはルカの楽曲ならではの味わいで感動させられた。

かろうじて#13「Gothic Visons」では、かつてのルカの熱いメタルのイメージが残っているが、それでも悶涙!という感じでもなく、もはやこれはこれまでのRHAPSODYやルカソロのファンよりも、NIGHTWISH等のあまりハードではなく女性ヴォーカルが美しいバンドのファンにこそお薦めの作品となっていると言えよう。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177420958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック