サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Keeper Of The Seven Keys part2』 - HELLOWEEN

1988年08月29日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:ドイツ
  • リリース:1988年8月29日
  • 通算:3rdアルバム
満足度:96

大傑作の「Keeper Of The Seven Keys part1」の続編であり、本作もまたHR/HM史上に残る名盤と言える素晴らしい内容となっている。パート1がカイ・ハンセンの曲が多かったのに対し、このパート2はマイケル・ヴァイカートとマイケル・キスク作曲の楽曲が中心に収録されており、音楽性も、ヴァイカートの印象的な泣きメロに加え、ポップでキャッチーな曲をいくつか配するなど、パート1に比べてとっつきやすいスタイルではないだろうか。パート1とパート2を比べると、評価はこのパート2の方が高いことが多いのだが、そういうスタイルの違いによるところが大きいと言えるかもしれない。

様々なスタイルの曲で楽しませてくれるこの作品だが、聴きどころは何と言ってもメロディックスピードメタルの名曲として最も有名な#2「Eagle Fly Free」だろう。ヴァイカート作の究極の劇メロに加えてメンバー全員での渾身の演奏とアレンジによるバンド内のケミストリーが究極的に高まって生み出された稀代の逸品と言える。そして同じくヴァイカート作曲の#4,5もキャッチーなメロディでいい。

そして、カイ作曲のこれぞクサメロ疾走チューンと言える#7も最高で、カイのスウィープ奏法が聴けるのが面白い。カイ作曲の#9も今でも人気の名曲だ。極めつけはヴァイカート作曲の#9のタイトルチューンで、part1の「Halloween」と双璧をなす感動の大作となっている。あちらが構成、展開美で感銘を受けるのに対し、こちらは泣きメロが最高に発揮されているヴァイカートらしい名曲だ。

パート1と共に、今でもメタラーの間で多く語られることのあるこの作品は、まさしく、メロディックメタルの傑作ここにあり!という感じの名盤だ。(雷X)

タグ:HELLOWEEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177358180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック