サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Advance To The Fall』 - GALNERYUS

2005年03月23日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピードメタル
  • 国籍:日本
  • リリース:2005年3月23日
  • 通算:2ndアルバム
満足度:90

日本が世界に誇れるメロパワクサメタルバンドの2nd。今作では疾走曲が半分以上なので疾走大好きな人には嬉しいだろう。音楽性は、基本的に前作と殆ど変わららないイングヴェイ系ネオクラギター+日本人好みのクサさに加えて切れ味鋭いメロディと作り込まれたアレンジで疾走しているというものだ。新要素としてはリズムにプログレッシブなアプローチがみられるぐらいか。というわけで前作を気に入った人は安心して聴けるだろう。

しかし、衝撃という点においては前作ほどではないかな。これはもうひとつ突き抜けてこないサビメロが原因かもとか思った。いや、充分に突き抜けたサビメロと言えるだろうが、前作があまりにキャッチーすぎたからこんなことを感じたのだろう。それより今のこのバンドにおいて凄いと思わせるのは、既に円熟の域に達したとも思わせる編曲かもしれない。聴き込んでいけばいくほど、インパクトよりも、アレンジによる旨みというような、そんな美味しいところが詰まって大変充実していると強く感じるようになった。しかも、複雑なアレンジが施されているにも関わらず違和感というものを覚えない。

これは、何だか若いバンドというより、GAMMA RAYANGRAのようにキャリアを積んだバンドの作品を聴いているような、円熟していることによる安心感すらある。疾走曲が大部分を占められているにも関わらず、円熟していると感じさせる作品はなかなか無い。ギターのSyuのプレイも素晴らしいとしか言いようが無いので、美しい泣きのギターソロを何よりも好む者も楽しめるし、そしてメロスパーは勿論楽しめるし、単純なメロスピに飽き飽きしている者も楽しめるし、末永く楽しめる作品となろう。

2曲目は、前作の2曲目を思い出させるメロディと構成の名曲で文句なし。ツインリードのメロディは、これぞ和製究極クサメロって感じだ! 3曲目は、ピロピロ+リズムチェンジのコンボで悶絶のBメロ〜爽やかさと哀愁がたっぷりのきらびやかなサビメロにもっていかれる。5曲目SONATA ARCTICAを意識したのかなと思わせるイントロのKey、コード進行などがありなかなかの曲。間奏とラストのソロパートが特に美しい。サビメロは、AXENSTAR1stのような淡々としたコーラス歌唱ならば尚よかったかなぁと思ったりした。

7曲目は、このバンドが持ちしセンスを強烈に感じる疾走インストだ。ただ疾走して劇メロを奏でているだけではなく。そこには緻密に計算された構成があるようだ。8曲目は前半勇壮、Aメロ最後ギターが駆け上がりBメロに入ると下降して盛り上がりを生み出し、そしてBメロではドラムとギターのフレーズ応酬に悶絶って流れが最高に気持ちいい。そしてサビでいきなり疾走となるが、疾走感よりじっくり表と裏のメロディを聴かせるって感じ。13曲目は、疾走とプログレッシブという両極とも言えるリズムが1曲の中に存在しているのが素晴らしい。

非疾走曲にも充分楽しめるのは前作と変わらない。プログレッシブなリズムアプローチが効いてかより深く音の世界に没入できるという感じだ。4曲目は、イントロのリズムが裏表入れ替わる瞬間が最初は気持ち悪いと思ったが、これがじわじわと効いて来る快感だ。この曲最初はクソ?とか思ったけど結局気に入った。9曲目はメロディは勿論よいし、これまたリズム的に目を見張るところのある曲だ。複雑なギター、溜めたリズムもあるAメロ、ピアノが華麗に舞うところでのドラミングなど色々あり! 11曲目はよくあるメロディックメタルが拘りのアレンジにより味わい深い曲に! 最後のサビメロにおけるリズムの妙がシンプルなメロディを大きく彩っているのがいいなっ!、、と、やはり歌メロよりアレンジに耳が行く。

2ndで早くも円熟していると感じさせる作品を発表したこのバンド、次作では何が飛び出てくるのだろうか。充実の極みと言える作品を2枚連続で生み出してくれたということで、次作では何を試みても失敗はしないような気もする。今のこのバンドならば、複雑なプログレをやっても直情メロスピをやっても、何をやっても最高のものを生み出してくれるだろう。(雷X)

タグ:GALNERYUS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177319696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック