サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Score To A New Beginning』 - FAIRYLAND

2009年05月19日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックメタル
  • 国籍:フランス
  • リリース:2009年5月19日
  • 通算:3rdアルバム

「Score To A New Beginning」 - FAIRYLANDを購入する

満足度:100

フランスのシンフォニックパワーメタルバンドFairyLandの2年半振りの3rdアルバム!今作も前作に負けず劣らず全曲神でした!特にラストの9曲目の大作においては、今までの全3枚のアルバムの中でも1、2位を争うのではないかというくらい素晴らしいです。そして、オーケストレーションにおいては今までで1番最高な出来なのではないでしょうか。出すたびにとても良い方向にパワーアップしているので、3枚のアルバムに順位をつけるのは難しいほどどれも素晴らしいです。今回、作曲者のフィリップジョルダナ+17人のゲストでバンドが成立しています。そう、前作までのメンバーは誰1人としていないのです(全員脱退)しかしジョルダナはそれで良かったと言っています。『バンド』という枠組みにとらわれず自分の音楽を突き止めていくフィリップジョルダナ。これからのFairyLandは毎回能力のあるミュージシャンをジョルダナが世界中から集め、それらが同志となってFairyLandというクエストに参加する戦士になるそうです。これは新しい音楽活動の在り方であるし、わたしはすごく共感できました。バンドありきではなく、素晴らしい作曲家と演奏家が集まれば、素晴らしいアルバムが出来るんです。ヘヴィメタルに新たなる時代到来です。

1曲目「Opening Credits」FairyLandお決まりのインストから始まる壮大なストーリーは今回なんと2nd「The Fall OF AN Empire」の4曲目「Slaves Forlorn」のダークアレンジからスタートしました。これは前作をよく聴きこんでいる人は最初からニヤリだったでしょう。よりオーケストレーションに磨きがかかったオープニングに圧巻!2曲目「Across The Endless Sea Part II」このアルバム内で2番目に好きです!FairyLandは毎回2曲目にキラーチューンを持ってきます。もちろんこの度も最初を飾るに相応しい素晴らしい1曲でした。壮大なクワイアとVoが交じり合い、サビの壮大なコーラスはFairyLandらしさが散りばめられています。そしてまた素晴らしいのがバックアレンジ。さすがのフィリップジョルダナ!複雑なストリングス、キラキラのチェレスタとピアノが絡み合い曲を盛り上げ引き立てます。※なぜパート2かというと、前作の日本盤ボーナストラックに「Across The Endless Sea(Bonus Track For Japan)」という疾走曲があり、そのパート2にあたるものだからでしょう。

3曲目「Assault On The Shore」この曲も最高!このアルバムの中では鳴きの1曲といってもいいでしょう。なんといってもVoとバックアレンジのバランスが絶妙で最高です。この曲のAメロのバックのストリングスに思わず耳がいってしまうのはわたしだけでないはず。サビの盛り上がりは大合唱したくなりますね。4曲目「Master Of The Waves」アルバム内ではかなりヘヴィでハードな1曲。BメロのストリングスがいかにもFairyLandらしく、如何なる曲をやろうともジョルダナらしい色づけは忘れません。イントロからして荒れ狂う海を大航海している様子が目の前に浮かぶようです。情景描写が素晴らしいのもジョルダナの作曲の素晴らしいところだと思います!5曲目「A Soldier's Letter」壮大なバラードです。ピアノから始まり、サビでは大コーラスになり盛り上がります。非常に感動的であり、思わず体を横に揺らして聴きいってしまうほどです。最大限に盛り上がるVoパート→Keyソロ→Gソロへの流れが鳥肌もの!6曲目「Godsent」アルバム内で最もヘヴィでアグレッシヴな疾走曲!高音ストリングスとソロフレンチのイントロ→疾走パートへの突入がかっこよすぎる!そしてサビまでの盛り上がりへの持って行き方がとにかくすごい。サビ直前に一息入るパートがとにかくヤヴァくて鳥肌ものです。7曲目「At The Gates Of Morken」オペラティックハードな1曲!この曲のバックストリングスは常に激しく動いており、かなりこっていてとにかく聴き応えがあります。女性Voが入ってきて曲調がガラっと変わるところはオペラティックで非常にかっこいいです。この曲は様々に入り組んだ音色を楽しむための曲でしょう!とても勉強になります。

 8曲目「Rise Of The Giants」美しいオーケストレーションで構成された民謡調あり神秘で壮大なドラマティックインスト。ゲーム音楽に非常に近く、植松伸夫さんの作ったFFのサントラですなんて言われても雰囲気的に全くおかしくはないかも(笑)9曲目「Score To A New Beginning」

9分の長大作。この曲はFairyLand史上指折り3本には確実に入る名曲です!!!明るく軽快なイントロ〜前半部はブラジルのシンフォニックメタルバンドAQUARIAの音楽性に近いものを感じる人もいるかもしれないですね。Aメロの雰囲気とかリズムとか進行がそんな雰囲気をかもしだしています。B裏のストリングスとVoの盛り上がりによって曲が最高潮に達すと一度壮大なプレサビで落ち着かせ、またBが更に盛り上がるんですがなんとその後疾走する本サビがいかにもFairyLandらしい2:32〜のパートで鳥肌が立ちます。そして間奏→Keyソロ→Gソロの流れが最高すぎ!曲が最高に盛り上がる部分です。またB→サビが入ったあと、Keyソロ→Gソロがあるんですが6:04〜の3連パートが圧巻!そして6:39〜涙涙の最大の癒しパートが入ってきます。この辺にくると涙で前が見えなくなります(笑)物語りも終盤、ありがとうFairyLand!と叫びたくなるくらいかっこいいです。いや〜1stも2ndもですが、FairyLandは長大作が最も素晴らしいことが多いですね。この曲ばかり何十回もリピートしてしまうくらい気に入りました。そしてこの1曲だけのために2,700円出してもいいくらいです(笑)FairyLandのアルバムはヘッドフォンでじっくり聴くのが最も楽しめると思います。隅々まで複雑なバックアレンジの1つ1つを噛み締めて聴いて頂きたいですね。そしてわたしが最も目指す、尊敬する音楽をやっているのが作曲者フィリップジョルダナです。現在はもう彼によるソロプロジェクトといってもいいFairyLandですが、わたしは自分の作曲において、FairyLandとHeavenlyを足したような劇的ヘヴィメタル作曲家になることを目指しています。ちなみにFairyLandの3rdアルバムの感想をFairyLandの作曲者であるフィリップジョルダナにメールで伝えたところ、『おおルリコ!非常にナイスでグッドな感想を嬉しいよありがとう!』と言われました。ただ、わたしが日本語を翻訳機にかけて送ったメールなので、ジョルダナからの返事で、『ルリコの文章は滑稽でちょっと妖しい部分があるよ!でもまたそれもナイスだね!』と笑われてしまったのですが^^;文末にXD←こういうのがついててなんだろうと思ったら、これって海外の人がよく使う顔文字なんですってね!まぁ全ての内容はきちんと伝わってないかもしれませんが(汗)わたしのFairyLandへの熱き思いと情熱だけはとりあえず伝わったみたいで良かったです。

タグ:FAIRYLAND
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177316627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック