サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Dragonheads』 - ENSIFERUM

2006年02月15日

CDジャケット画像
  • ジャンル:ヴァイキングメタル
  • 国籍:フィンランド
  • リリース:2006年2月15日
  • 通算:2ndミニアルバム
満足度:94

6曲入りのミニアルバム。こちらはペトリ・リンドロスのお披露目の意味も含めたミニアルバムだったようで3rdを聴く前に聴き逃していたため購入しました。しかし新曲は1曲目「Dragonheads」のみで2曲目「Warrior's Quest」4曲目「White Storm」はデモの再録のようです。しかしわたしはどれも聴いたことがなかったので新曲同然ですが。3曲目「Kalevala-Melody」と最後の曲である「Finnish Medley」はフィンランドの民謡のアレンジだそうです。それはさておき1曲目「Dragonheads」が物凄い気に入りました。ミドルテンポで哀愁美メロディ、テーマは航海。あまりに勇壮でどっしりとした構成にやられました。イントロから終盤まで繰り返し続くメインフレーズが頭から離れなくなります中盤からの盛り上がりからアップテンポになるソロ、そしてそのまま続くオーオーコーラスの流れに悶絶です。

2曲目「Warrior's Quest」も最高に美しい曲。こちらもミドルテンポ。まるで勇敢な戦士の姿が目の前に映し出されるようです。この曲のメロディはたまらなく美しいですね。特にサビのドラマティックさには圧巻4曲目「White Storm」これも超最高!イントロの雄叫びから目頭が熱くなってしまいましたアルバム中では唯一の疾走曲。これもギターメロがメランコリックでかなり良いです。3rdの中にこのミニアルバムの1、2、4を一緒にぶち込んで聴くと3rdがより神アルバムと化すのでおすすめです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177315363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック