サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Beyond Reality』 - DREAMTALE

2002年12月02日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピードメタル
  • 国籍:フィンランド
  • リリース:2002年12月2日
  • 通算:1stアルバム
満足度:86

ヴォーカル、ツインリードギターの哀愁メロディが特に印象深く、全編に渡るロマンティックな激メロに涙できる作品だ。サウンドも煌びやかに疾走するもので、徹頭徹尾美しく流麗な音楽を楽しませてくれるが、代わりヘヴィ・メタルらしいパワーや熱さは控え目となっている。

1曲目のイントロは、哀しげなピアノからヘヴィなギターが重なる感動的なメロディの曲で、米国映画「The Rock」のサントラからのメロディをアレンジしたものとなっておりイントロに相応しいと言える。ちなみに同メロディはCHILDREN OF BODOMのライブ盤「東京戦心」でも使用されていた。

そしてそれに続く2曲目はSONATA ARCTICA2nd「Silence」のイントロ〜2曲目を意識したと思われる入り方で、歌メロもツインリードも極めて美麗で涙が溢れそうだ。 そして3曲目は更に疾走、ハイスピードと劇メロが合わさって涙を誘うアルバム内でベストチューンだ。8曲目も同様に素晴らしく、美麗メロで疾走する曲を聴きたい人は必聴盤と言えよう!(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177314993
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック