サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Valley Of The Dammed』 - DRAGONFORCE

2003年02月25日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピード/パワーメタル
  • 国籍:イギリス
  • リリース:2003年2月25日
  • 通算:1stアルバム
満足度:86

自らメロディック・スピード・パワーメタルを名乗るバンドで、他のメロディックスピードメタルを遥かに凌駕したスピードの楽曲を聴かせることで一躍有名になった。

メロディは正直、感動できるようなものではなく、オレの感覚ではありふれたメロディラインとしか感じられない。このメロディが素晴らしいというファンも沢山いるのだろうが、オレにはあくまでこのスピード感と合わさることによって引き立っているメロディだと感じた。

それよりもこのバンドの最大の特徴はスピードであり、そのスピード感を極上のテクニックで演出しているのが、何といってもインパクト充分のそのドラミングだ。激烈な速さのビートを正確に叩いているのは勿論のこと、リズム感と細かいフレージング、バスドラワークが大変気持ちよく楽曲のスピード感を更にアップさせている。

ベストチューンは「Valley Of The Dammed」、次点が「Evening Star」だ。「Valley Of The Dammed」いいところは、Aメロでドラムが普通の8ビートを叩いているのにギターはすでに高速刻みのバッキングで、 Aメロ繰り返しのところで激烈疾走となるという展開が刺激的で、そしてスネア表打ち⇒裏打ちの劇的な2段構えのサビメロというこの2点が特に素晴らしいと感じた。(雷X 2016/10/18修正)

タグ:DRAGONFORCE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177294844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック