サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Louis XIV』 - CHROMING ROSE

1990年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:ドイツ
  • リリース:1990年
  • 通算:1stアルバム
満足度:88

これはジャーマン・メタルの名作と言われ絶賛されることも多い作品だ。入手当初はメロディの魅力をあまり感じられず殆ど聴かずに終わってしまったが、改めて聴いてみると楽曲的には初期HELLOWEENを思い起こさせ、絶賛されるのも分かるなと感じた。発表当時はHELLOWEENのパクリ等とも言われたそうだが、パクリ臭はそんなに感じられず、彼らならではのメロディラインを持っていると思う。

バンドサウンド以外の装飾は最小限のシンプルなパワーメタルサウンドで、古きよきジャーマン・メタルの匂いがプンプンと漂ってくる。クサメロ、美麗メロ、激情メロはあまり存在せず、パワフルなメロディとサウンドで激烈に疾走するその音楽性は、最近のバンドで言うとIRON SAVIORのそれに最も近いと言えるだろうか。

また、熱いメロディばかりではなく一風変わったメロディラインを入れてきたり、疾走曲ばかりでもなく、楽曲のバラエティは豊かと言えるだろう。演奏的にも充分なものを聴かせてくれており、特に高音を張り上げるヴォーカルの実力はなかなかのもので、熱いコーラスワークと共に、メタルヴォーカルとして理想的なパートを創出している。

古くからのジャーマン・メタルマニアの内では名曲と言われる#1「Power And Glory」か#5「Louis XIV.」がやはりベストチューンだ。前者は終始激烈に疾走するパワーメタルで熱い! 後者はHELLOWEENでも聴けないような独特のメロディや展開を入れつつ、劇的なメロディを要所でもってくることで名曲となっていると思う。

そして#7「You And I」はオレのようなクサメタラーには嬉しいメロディが存在する楽曲で、サビメロではガッツポーズだ! 最後の#9「Shoot The Fox」はギターソロが素晴らしい。メロスピ・クサメタル大好きなオレにとっては少しつまらない曲もあったが、それでもお薦めできる名作だと感じる。現在入手困難と思われるので、中古CD店等で発見したら入手しておいたほうがいいと思う。(雷X 2016/10/17修正)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177289242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック