サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Hate Crew Deathroll』 - CHILDREN OF BODOM

2003年01月06日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックデスメタル
  • 国籍:フィンランド
  • リリース:2003年1月6日
  • 通算:4thアルバム
満足度:96

1stと2ndで聴くことができたクラシカルフレイバーはもはや聴くことはできず、3rdにおいても楽しめた印象的なクサメロは影を潜め、今作において強調されているのは重く刺激的なギターリフで、メタリックなリフとトリッキーなソロが聴きたい正統派HR/HMファンにお薦めできそうな音楽性となっており、ギターリフやソロのフレーズの色々なヴァリエーションが楽しめる。

オレはこのバンドの全ての曲を作曲するAlexi Laihoの作曲センスが天才的だと思っており、今作においてもアレキシ独特のフレージングで痺れたパートは多かったので、クサメロ減退は残念だが、前作までと同様素晴らしいアルバムと言えよう。

ベストチューンは1曲目で、今までのCOBで聴かれたメロディックな要素、例えばツインギターでの美しいハモリ等も聴ける。でも、肝心のサビメロにあたる部分のメロディは単純すぎて印象的なメロディではないとと感じたが、これはヘヴィネスを強調する為に意図的にキャッチーなメロディを避けたのかと思わせる(雷X 2016/10/17修正)

今までと方向性が少し変化して3rdよりも、よりヘヴィに展開される曲達に悶絶の嵐である!!最初は2ndとか3rdのほうが好きだなぁって思ったんだけど最近は4thもかなりの勢いで好みになってきた。しかし1番最初にCOBを買ってみるなら2ndの「Hatebreeder」が入りやすいのかもしれんなっ!デス系がダメな人でもChildren Of Bodomなら大丈夫だ! 主に私が大好きな曲を紹介しようかっ! 1曲目「Needled 24/7」 オ・・・オープニングチューンがぁああーー!なんと燃える曲なのだろうかーーッッ!!これは1日3回聴かないと気がすまないほど中毒になってしまった。好きなところはたくさんあるえkど1分23秒からとか3分41秒からとかのサビのドラムの一部タテのりになるとこのリズムが好きだっ!そして特に2分30秒〜の展開が1番好きで、更に2分56秒からが特に究極であるッ!アレキシもこれでもかってほど吼えまくりでもう何もかもが最高だーーーーーーーーーーーーッッ!!これはChildren Of Bodomの中でもトップクラスに属するほど好きだ! 3曲目「Chokehold (Cocked'n'loaded)」 デスコーラスから元気をもらいアレキシVoが吼えまくりで死ぬほど悶絶できる1曲だ!ヘヴィサウンドに1分53秒〜の美しきキラキラシンセが絡み、 2分06秒〜のギターソロに悶絶したと思ったら超絶キーボードソロがお目見えし、その凄まじさといったら超最強で超最高!!! 4曲目「Bodom Beach Terror」 これはーーーっ!激しく悶絶出来る曲だーーッッ!!重圧バッキングに激しく乗っかるリードギターフレーズに萌えまくり、更にバックに入ってくる美しいキラキラシンセがヘヴィ級に重たい曲でも柔らかな印象を作り出しそこが美麗サウンドを生み出しているCOB エッセンスなのではなかろうかっ!後半のたたみかけるようにいきつくところまで流れ倒すキーボードにもこれまた悶絶だ!! 6曲目「Triple Corpse Hammerblow」 イントロが神秘性を帯びて美しく、あとはメロディアスに展開していく曲でヘヴィでありながら不思議な進行をしていくところに魅力を感じた。後半のギターの駆け上がりと美麗シンセに気持ちは天までのぼりつめてしまいそうなくらいだ。 9曲目「Hate Crew Deathroll」 COBがもってくるアルバムタイトルチューンはやっぱいつもすげぇイイなぁああ!と思うかっこよさであった!!アグレッシヴで激烈疾走をかましていて大興奮を覚えるというのはこういうことを言うのであろうなぁ。ドラムとか死ぬほどこっててかっこいいし、サビがキャッチーで超超死ぬほど悶絶だ。(東 瑠利子)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177289061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック