サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『A Night At The Opera』 - BLIND GUARDIAN

2002年03月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:ドイツ
  • リリース:2002年3月1日
  • 通算:7thアルバム
満足度:92

まず始めに、私にとってブラインド・ガーディアンはドラムが楽しい! というわけでブラインドガーディアンの7thアルバムです。このアルバムのコンセプトだからしょうがないのかもしれないがほとんどコーラスというか、コーラスが強いので普通になんとなく買って聴くと、なんだこれ?って思うかもしれないが私は聴けば聴くほどハマっていきました。でもそこまで好き!ってほどではないです。ぶっちゃけて言うとメロディは全く印象に残らず!というのもなんかハッキリせずふわふわ〜っとして最初から最後までが終わっちゃう。でも聴きこんでいくとなぜかこれにハマっていってるので、決して私はこういうのは嫌いではないです。ドラムだけ聴いてるのも楽しいくらいドラムはパターンが多くて楽しめる。

あまり印象に残る曲がない中で、ひときわ目立ついい曲があります!2曲目の「バトルフィールド」です。この曲はとにかく素晴らしい!!!こ・・・これこそ超名曲なのでは!??!?!?!展開も多く、何から何までが楽しい。本当にいい曲です。すっごく明るくて疾走してて盛り上がってとにかくテンションが高くなります!気分はめちゃめちゃ最高潮!!!!!!!1曲目の「プレシャス・エルサレム」もなかなか良いです。

あと7曲目の「ソウルフォージド」は3連の曲で、かなり好みです。ここにもバトルフィールドらしきメロが出てきます。全体的には印象薄い感じの曲が多い中で「バトルフィールド」があるからこそこのアルバムの質がめちゃめちゃ良く感じるのは私だけだろうか(笑)でも3rdみたいな私の好きなブラインドガーディアンの方向性とはちょっと変わってきている感じがするので・・・次作に期待。だって、あれ?ハンズィどこいっちゃったの??って思うくらいヴォーカルがクワイアに飲まれてる。。。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177270714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック