サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Tales From The Twilight World』 - BLIND GUARDIAN

1990年10月03日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックスピード/パワーメタル
  • 国籍:ドイツ
  • リリース:1990年10月3日
  • 通算:3rdアルバム
満足度:99

究極の疾走、究極の美旋律、究極のパワー、究極のファンタジーと、究極ぞろいの神作品! 多くの曲が疾走曲で、その美旋律とフックに富んだ展開、重厚なコーラス、そしてこれぞパワーメタルと言えるパワフルなサウンドがオレを大興奮させてくれた。またメロディだけが魅力ではなく、クラシカルなフレーズをギターで取り入れたり、印象的な展開を配したりと、その作曲力と構成力には目を見張るものがある。

疾走劇メロ曲は全て名曲であり、その中でも「Lost In The Twilight Hall」が究極! そして「The Last Candle」も最高だ。また「Lord Of Rings」という、トールキン作の同名の物語を描いた秀逸なパワーバラード、一風変わった奇抜なメロディと劇メロが繰り出される「Weired Dreams」「Tommyknochkers」も名曲と言える。

ツインリードによるソロパートも最高で、その展開美で特に気に入っているのうちのひとつに「Traveler In Time」のギターソロがある。3:01から疾走しはじめ3:12から3:18でためたリズムになりまた疾走という展開、そしてファンタスティックなパートからまた3:36から美麗ツインリードと疾走が悶絶! 「Lost In The Twilight Hall」の最初のツインリードはスネア表打ち〜裏打ちの展開に興奮させられ、2度目の間奏は2本のギターがそれぞれ違うメロディラインで絡む展開が究極的だ!

疾走曲中心に収録されている作品としては、HELLOWEENが生み出した大傑作「Keeper Of The Seven Keys I・II」と共に後世まで語り伝えていかなくてはならない究極の作品と言えよう。(雷X 2016/10/15修正)

10年以上も前に発売されたブラインドガーディアンの3rdアルバムです。私はリマスタ版を購入したんで、気にしていた音の悪さなどは一切なかった!それでも全体的に音が小さめなのはしょうがないのかもしれないが、特にそこまで気になることもなく非常に楽しめるアルバムです!!!

で、4曲目のバラード以外ほぼ 全部疾走ナンバー!!!!(爆) 全体的に余計な飾りがなく、シンプルなメタルといった印象でこれこそが本当にメロディックなスピードメタルなんだろうなと思いました。それにしてもこの疾走感はたまらん!!!!!(感動) ドラムがとにかく速い!速い! 走る走る!!!!!!!! 打ちまくり!踏みまくり!みたいな(笑) もう、一言で言うならば 楽しい〜〜〜〜〜〜〜!!! って感じです(笑)とにかく最初から最後までぶっ通しで楽しい。楽しすぎて短く感じてすぐ聴き終わる感じがするし。実際そんな長くないけど。

1曲目の「トラヴェラー・イン・タイム」からそのドコドコドコドコ・・・・・・!!!といった思いっきりの疾走ナンバーであり、メロも良い。なんかこう連れ出して!みたいな(爆とにかく気持ちのよい1曲だ。2曲目の「ウェルカム・トゥ・ダイング」もサビで叫びたくなる感じでまたもや気持ちのよいほど疾走する曲でギターも楽しい。

 4曲目の「ロード・オブ・リングズ」は指輪物語を元にしたバラードで、めちゃめちゃ良いです!なんていうか、フォレスト?みたいな感じ。自然に囲まれたファンタジックな1曲である意味しっとりと聴けます。アコギが優しく心に染み渡ります。メタルが苦手な人でもこの曲は本当に良い!と言うと思いますね〜。他の曲が全部疾走しているだけあってこの曲はめちゃめちゃ際立ってクオリティもすごく高いなぁと感じられました。特に最後がいい!クソ疾走しているギタープレイの熱いインストの後だからこそ余計そう思うのかもしれない!

 さて、私が1番好きなのは 6曲目の「ロスト・イン・ザ・トワイライト・ホール」です。 ドラムが常にドコドコ疾走ナンバー。そして思わず一緒に叫びたくなる上になんか感動。サビが超かっこいいし一緒に歌いたくなる!!!!!!!展開も多くて楽しめるし全体的にとてもいい曲です。この押し寄せてくるようなギターとドラムがなんとも言えぬ感動を私に与えてくれました。カイハンセンとハンズィの掛け合いのところからテンションが一気にあがっていきます!

その次に好きなのが 9曲目の「ザ・ラスト・キャンドル」です。 Guardian, Guardian, Guardian of the Blind Guardian, Guardian, Guardian of the Blind Guardian, Guardian, Guardian of the Blind Guardian, Guardian, Guardian of the Blind! テンションあがります(笑) ちなみに、7曲目の「トミーノッカーズ」は・・・ すごいおもしろい(爆) すごい滑稽な曲。なんか、hideとかが歌いそうだよなぁ・・・こういうの。 ブラインドガーディアンってスゴイ・・・。(東 瑠利子)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177269517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック