サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『The Power Cosmic』 - BAL-SAGOTH

1999年10月11日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニックブラックメタル
  • 国籍:イギリス
  • リリース:1999年10月11日
  • 通算:3rdアルバム
満足度:92

ウォーメタルを自称する、音楽的にはRPGゲーム音楽っぽさが強いシンフォニックブラックメタルと言えるバンドだ。全体的に軽い音質+疾走するビート+RPGラスボス音楽といったサウンドで、極めてクサいメロディと大仰なサウンドのシンフォニック・スピード・ブラックメタルであり、特にオーケストレーションの描写力には優れたものを感じる。RPGゲーム音楽のサントラを買っているような人で、デス声もOKですという人は必聴と言えよう。

初めて聴いた時「こ、このオープニングはファイナルファンタジー9の曲か!」と思った程だ。その後ファイナルファンタジータクティクスのサントラを聴いたらこの曲と酷似した曲があって面白かった。本編も、これをそのままRPGの戦闘音楽に使ったら面白いなと思えるようなもので、イントロ〜2曲目への流れでオレは完全にノックアウトされてしまった。この部分は、大魔王に立ち向かう勇者の気持ちになって聴くと最も心が高まることだろう。そして勿論曲が疾走しはじめたところはバトル開始の合図だ! また5曲目はスメタナ作曲のクラシック名曲「モルダウ」のメロディで疾走していてこれも悶絶だ。

時は流れ2016年、改めて聴いてみると「これは素晴らしい」と思った。上記の要素は、印象的なメロディとスリリングな構成をはじめとした音楽性の高さがあるからこそ充実しているのだと感じた。作曲力は非常に高い!(雷X 2016/10/15修正・追記)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177269379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック