サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『La Llama Eterna』 - AVALANCH

1997年01月01日

CDジャケット画像
  • ジャンル:メロディックパワーメタル
  • 国籍:スペイン
  • リリース:1997年
  • 通算:1stアルバム


満足度:84

この作品はスパニッシュメタルの名作とされており、オレが所持しているのは後にリリースされた英語ヴァージョンで、アルバムタイトルも「Eternal Flame」となっているが、違うのは歌詞と歌唱だけなので、一般的に知られているタイトルの「La Llama Eterna」のレビューとして掲載した。

この手のB級クサメタルと言われるバンドはよく極端な部分があったりするが、このバンドは肝心の作曲力が非常に高く、正統派メタル、クサメタル、メロスピ、どこにも寄り過ぎていないという感じで、極めてバランスが取れた作品と言えるだろう。所々メロディやアレンジで一風変わったものが聴けるが、それでも楽曲に破綻は無く、構成力は抜群と言える。それはバラードである#5「Esclavo De La Ira」における美しいメロディと的を得たアレンジを聴けば明らかだ。

その代わり突き抜けたところはあまり無く、衝撃的な作品とまでは感じないのが惜しいとも言えるが、捨て曲が無い上に安定した演奏と歌唱で、聴き込む毎に素晴らしい作品であることが認識できるだろう。これがもっとメジャーな作品だったら、多くのメタラーが絶賛していた程優れた作品だと思う。

特に素晴らしいのが#7「Excalibur」で、劇メロ、コーラス、疾走、シンフォニックと、クサメタラーを熱く燃え上がらせる要素を全て備えており、その勇壮な展開とコーラスワークには思わずガッツポーズだ! また#2「El mundo Perdido」は、ギターのメロディの感覚、プログレッシブな曲展開がBLIND GUARDIANを思い起こさせたり、実に味わい深い。

そして#9「Rainbow Warrior」のサビのコーラスには感動だ! #11「La Taberna」のキャッチーなメロディにも痺れるし、#12「Avalanch」は構成力抜群で締めくくりに相応しい大作だ。そしてここに書いた以外の曲も全ていいと言える曲ばかりなのが嬉しい。(雷X)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177268678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック