サイト概要

当サイトは、東 瑠利子のオリジナル楽曲とメタル音楽レビューを公開しております。メロディアスな旋律と、ゴージャスに音色を駆使したパワフルで疾走感溢れるヘヴィサウンド、激しく展開するファンタジーで勇壮で感動的な世界をお届けします。現在ダウンロードできる楽曲は50曲以上ありますので、普段の音楽鑑賞用に、通勤通学のお供にmp3プレイヤなどに入れて聴いて楽しんでください。 著作権は放棄しておりません。当サイト全ての内容はリンク報告無しでの転載、また改変、再配布、直リンク、商用利用などは固く禁じております。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約に保護を受けています。東 瑠利子の自己紹介はこちら

『Shambala』 - AQUARIA

2007年09月21日

CDジャケット画像
  • ジャンル:シンフォニック/メロディックスピードメタル
  • 国籍:ブラジル
  • リリース:2007年9月21日
  • 通算:2ndアルバム
満足度:88

前作において、ANGRAに匹敵する才能を持ちしバンドだと感じたAQUARIAの2ndだ。方向性は全く変わっておらず、爽快なメロディにシンフォニックなアレンジ、プログレッシブな展開、ブラジル民族音楽の要素の導入などは相変わらずとなっている。また、前作のレビューで、ANGRAの2ndアルバム「Holy Land」が好みではない人は、この作品も合わないかもと書いたが、この2ndにおいても同様のことが言えると思う。

前作の神秘的で荘厳なイントロには感動させられたが、今作の意表をついたようなかわいらしいイントロもなかなかだと思っているとすぐにキラーチューンである#2「Heart Of The Gods」が始まる。疾走、キャッチー、シンフォニックと、このアルバムの代表曲として全てが揃った曲であるが、メロディの突き抜け度は前作の「And Let The Show Begin」には劣るかな、しかし複雑なアレンジ、プログレッシブな展開は、好みは分かれるだろうがこのバンドらしくて素晴らしい!

その後の曲は、#8,12を除きはミドルテンポやバラードが続き、パワー/スピードメタラーにはつらい展開となる。一聴して「最高だ」と感じられる曲は前作以上に限られ、何度も聴き込みを要する上に、最初はメロディが少しつまらなくなったかなとも感じられたので、前作を気に入った人、シンフォニックメタルを愛する人にはお薦めできるが、ストレートなメロパワ/メロスピを好む人には残念な作品となるかもしれない。しかしアレンジの練り込みは相当気合が入っており、ANGRAに匹敵すると言えるもので、最初はつまらなく感じても聴き込む価値はあると感じた。

よく聴いていくと、最初はつまらないと思ったメロディは徐々に耳に馴染み、最高のメロディと感じたものもいくつもあった。例えば特に#7「Shambala」の神秘的な雰囲気、壮大なサビメロなんかはぐっと心に響いてくるし、#8「Child Of The Universe」のイントロやサビメロは、FAIRYLANDも思い出させるようなファンタスティックな空気感がつぼにはまる。そして#9「Firewings」のメロディは素直に響く劇メロだ!(雷X 2016/10/15修正)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177268150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック